停止すると即転倒。だから漕ぎ続けたい。でもヘタレ。そんな私も、お気楽極楽に自転車を楽しんでいます。
 体重過多のためか、坂道で難儀しております。 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 しばらくぶりに、自転車を洗車しました。CycleParty'09in荒川でミヤタの添田英雄氏に教わった手法を用いながら。

 いつもは、屋外で自転車を洗車します。しかし、集合住宅から、自転車・メンテナンススタンド・洗浄剤入りバケツ・(単なる)水道水入りバケツ・フィルタークリーナ入りの瓶・スポンジ・ハケ等の洗車グッズを持ち出すのが面倒。
 今回は思い切って、自宅の風呂場で自転車を洗ってみました。もちろん、浴槽を使ったわけではなく洗い場で。基本的な手順は、屋外でやるのと同一。私の場合、以下のような感じです。

  1. リアホイールを外した自転車をミノウラのディスプレイスタンドにセット
  2. オーストリッチのチェーンマスターでチェーンのメンテナンス性を確保
  3. ワコーズのフィルタークリーナーをチェーンやディレイラー・ブレーキなどの汚れやすい場所に塗付&ハケで軽く洗浄
  4. 台所用中性洗剤のジョイを薄めた洗浄液で「3.」のフィルタークリーナー塗付部分も含めて洗浄(スポンジ&ハケを使用)
  5. シャワーを使って汚れや泡を洗い流す
  6. 水切&乾燥後にタクリーノのオイル類ワコーズのラスペネCで注油
  (添田氏は上記に加えて洗車の過程で鉄粉除去剤でのスプロケットやチェーンリング等の鉄粉除去を推奨しています)

 風呂場で洗ってみて、屋外に行く手間は省けるし、温水は使えるし、風呂場はそんなに汚れない(意外!)で、個人的には満足です。次回以降も、私は風呂場で自転車洗車をしてしまいそうです。妻の目を盗んで。

# 洗車直後のチェーンは、舌でなめても平気!くらいの清潔感で気持ちいいです。注油で使用する布には、まったくと言っていいほど、黒い汚れは付着しません。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。