停止すると即転倒。だから漕ぎ続けたい。でもヘタレ。そんな私も、お気楽極楽に自転車を楽しんでいます。
 体重過多のためか、坂道で難儀しております。 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先週作成した主要な(単体の)自転車保険の比較表に au損保 を加えました。 

主要自転車保険の比較表(2011年11月27日)
セブン・イレブン
自転車向け保険
TEAM KEEP LEFT
会員付帯
自転車総合保険
au損保 自転車プラン平成23年度
JCA自転車総合保険
個人型夫婦型家族型100円自転車プラン自転車ワイドプラン賛助会員
特典
追加保険
プチおしイチおしイチおしプラス
保険料・会費(年額)4,760円7,000円11,720円4,000円1,070円3,070円5,350円8,840円4,000円最大3,000円
(4月1日以降に加入の場合は
保険料減額措置あり)
ケータイ割引5%適用後の保険料。auケータイ、auスマートフォンからの申し込みは月払も選択可能。
保障内容傷害死亡・後遺障害保険金額400万円360万円450万円200万円500万円500万円213万円292万円
入院一時金5万円10万円
入院保険金日額6,000円1,500円2,500円2,500円4,000円
障害手術保険金手術の種類に応じて入院日額の10倍・20倍・40倍補償あり補償あり補償あり
通院保険金日額1,000円1,000円1,000円
賠償保障(対人・対物)1億円1億円1,000万円1,000万円5,000万円5,000万円5,000万円
保険期間1年1年1年1年
毎年4月1日(午後4時)から翌年4月1日(午後4時)平成23年4月1日から平成24年3月31日まで
手続場所・方法国内セブン-イレブンのマルチコピー機で必要事項入力のうえ、レジで保険料支払い。WEBサイトで必要事項入力のうえ、クレジットカードかコンビニ店頭で会費支払い。WEBサイトから申込み画面に遷移し、必要事項を入力のうえクレジットカードまたはauケータイ料金と一緒での支払い。
WEBサイトから申込み画面に遷移し、必要事項を入力のうえクレジットカードまたはauケータイ料金と一緒での支払い。
WEBサイトで必要事項入力のうえ、会費を銀行振り込み。追加保険希望する場合は、会費と同時に追加保険料を支払う。
その他・障害手術保障あり。
重要事項説明書をWEB閲覧可能
約款もWEB閲覧可能
会員特典あり。
・サイクルモードのフリーパス
・シクロエクスプレス(佐川急便)の利用割引 等
・被害事故での法律相談(5万円)および弁護士費用(300万円)の保障あり。会員特典あり。
・JCA会員限定サービスサイクリングヤマト便の利用権(別途サイクリングタッグを要購入)
・日本サイクルスポーツセンターおよび関西サイクルスポーツセンターの入場料優待 等
 
 上記、いずれの保険も、レース等のイベントでの怪我(死亡・後遺症・入院)は不担保のようです。
 なお、このブログの記載内容に誤りがあったり、参考にした結果、不利益を被る方が出てしまったとしても、責任は一切とれませんので、あしからずご了承ください。保険内容確認や加入判断は、ご自身の責任においてなさってください。

 もちろん、自転車を対象とする保険はこれ以外にも存在しますし、自動車保険や火災保険等の特約で設定できる場合もあるはずです(^^)。

 # 重要事項説明書や約款をネットで公開しているのが「セブン・イレブンの自転車向け保険(三井住友海上)」のみなのが、若干不満だったりします。もしかすると、他社も公開しているのかも知れないけど、私は見つけられませんでした。 
スポンサーサイト
【更新版のお知らせ】2011年11月27日に、新たな記事において、自転車保険の比較表を更新しました。比較対象にau損保を加えています。

------------------------

 自転車とて事故を起こして、加害者になってしまう可能性があります。事故の結果として生じる、自分自身の怪我や自転車の損害はさておき、加害者になった場合には、被害者への賠償責任は果たさねばなりません。万一、加害者になった場合に備えて、保険に加入したいが、適当な保険が見当たらない。そんな悩みを抱えている自転車乗りも少なくないはず。

 しかし、そんな悩みに、若干の薄日が差し込んできたような気がします。
 ここ数年、単体の自転車保険の代表格だったのはJCA自転車総合保険です。しかし、残念なことに、保障内容が平成23年度より低下してしまいました。それでも、TEAM KEEP LEFT の会員になると自動加入できる自転車保険が、実は結構充実していたり、セブンイレブンでもキッチリした自転車保険を扱うようになりました。

 自転車保険の選択肢が広がることは、素直に嬉しい。そんなわけで、単体自転車保険の有名どころ(?)について、比較表を作成してみました。

主要自転車保険の比較表(2011年11月19日)
セブン・イレブン
自転車向け保険
TEAM KEEP LEFT
会員付帯
自転車総合保険
平成23年度
JCA自転車総合保険
個人型夫婦型家族型賛助会員
特典
追加保険
保険料・会費(年額)4,760円7,000円11,720円4,000円4,000円最大3,000円
(4月1日以降に加入の場合は
保険料減額措置あり)
保障内容傷害死亡・後遺障害保険金額400万円360万円213万円292万円
傷害入院保険金日額6,000円4,000円
賠償保障(対人・対物)1億円1億円5,000万円
保険期間1年1年1年
毎年4月1日(午後4時)から翌年4月1日(午後4時)平成23年4月1日から平成24年3月31日まで
手続場所・方法国内セブン-イレブンのマルチコピー機で必要事項入力のうえ、レジで保険料支払い。WEBサイトで必要事項入力のうえ、クレジットカードかコンビニ店頭で会費支払い。WEBサイトで必要事項入力のうえ、会費を銀行振り込み。追加保険希望する場合は、会費と同時に追加保険料を支払う。
その他・障害手術保障あり。
重要事項説明書をWEB閲覧可能
約款もWEB閲覧可能
会員特典あり。
・サイクルモードのフリーパス
・シクロエクスプレス(佐川急便)の利用割引 等
会員特典あり。
・JCA会員限定サービスサイクリングヤマト便の利用権(別途サイクリングタッグを要購入)
・日本サイクルスポーツセンターおよび関西サイクルスポーツセンターの入場料優待 等
 
 上記、いずれの保険も、レース等のイベントでの怪我(死亡・後遺症・入院)は不担保のようです。

 セブン・イレブンの自転車向け保険は、店舗が近くにあるならば、最も使い勝手がよさそうです。保険期間が年度単位ではありませんし、夫婦や家族で契約すると、一人あたりの保険料負担が多少は軽減されます。
 TEAM KEEP LEFT 会員付帯の自転車総合保険も悪くないです。一番気になる「賠償保険」は1億円あります。保険とは無関係ですが、会員特典として、サイクルモードの入場料が無料になります。(2012年以降の扱いは要確認です)
 残念なのが、JCA自転車総合保険です。サイクリングヤマト便を頻繁に使うなどの別の事情がない限り、保険目的では選択肢にはあがらないかも。
 非常にざっくりとした、雑感ですが・・・。

 なお、このブログの記載内容に誤りがあったり、参考にした結果、不利益を被る方が出てしまったとしても、責任は一切とれませんので、あしからずご了承ください。保険内容確認や加入判断は、ご自身の責任においてなさってください。

 もちろん、自転車を対象とする保険はこれ以外にも存在しますし、自動車保険や火災保険等の特約で設定できる場合もあるはずです(^^)。
サイクルモードインターナショナル2011(東京会場)で行われた、タイムトライアルに野寺秀徳監督がスーツに革靴という出で立ちで出走しました。ヘルメットはもちろん、TT仕様。

YouTubeに動画があがっていたので、紹介です。土井ちゃん(ステージ上)たちの仕草もおもろい。


野寺さんはおそらく、仮に遅刻しそうになったとしても、街中でこんな無茶走りはしないはずです(笑)。
例えゲテモノ呼ばわりされようとも、夜間の走行を余儀なくされる通勤用ロードバイクは、なるべく明るく目立つようにしたいと思っています。昨日、「もっとピカピカしたい」と書いたところ、偶然にも、その機会がやってきました。

というのは・・・、CREE社高輝度LED使用 ポケットライト GCR300-Bがアマゾンに再入荷していたのです。

以前、おためしで1つ購入したところ、2,000円台前半の安価なライトであるにも関わらず、期待以上の明るさでビックリ。商品説明のとおり、300mも先を照らしているのかどうかは判然としませんが、フォーカス調整して、光を細くすると、ソートー遠くまで照らせるのは間違いない。

自転車用に開発されたライトではないようですが、Bikeguy バイクライトホルダー などで固定すればまったく問題なし。小型かつ軽量ですし、あまりの高コストパフォーマンスに嬉しくなって、もう1つか2つ追加購入しようと思ったところ、そのときには在庫がなくなってしまっていたのでした。今回やっと、追加購入(の手続き)ができました。

CAT EYE の HL-EL540 も購入を検討していまして、サイクルモード2011東京で、カバンに入っていた GCR300-B と明るさを比較してみました。すると、予想に反して、GCR300-B が勝ってる。価格や大きさを考えると、ナカナカです。
もちろん、自転車用ライトの使い勝手としては、CAT EYE に一日の長がありますし、電池の持続時間なども考慮すると、「どちらが優れている」などと軽率に判断するつもりはありません。

通勤用自転車のライト(前照灯)は、通常3つ装着しています。来週以降は当面、そのうちの2つを GCR300-B にしようかと思います。1つは点灯、1つは点滅で使おうかな。そして、リーズナブルで明るいライトを発見したら、これからも人柱的に試して行きたいと思います。小さなライトで、原付バイク程度には明るくしたいですね(^_^;)。
通勤&街乗り用自転車に、ライトをいっぱいつけています。

明るいライトをそれなりの数装着しているので、自転車としてはかなり明るい。
シブチンらしく、コストパフォーマンスにも拘っています。
しかし、まだまだ。

もっとピカピカしたい。
自転車通勤のルートを公開します。

練馬駅付近-品川駅港南口付近の往復に使用している経路です。実のところ、練馬駅付近から通勤しているわけではないのですが(笑)。

大まかに、以下の2種類の経路を示しています。
 1.練馬駅-野方-中野駅-新中野-中野富士見町-笹塚-東北沢-松濤-神泉町-代官山-恵比寿-目黒自衛隊・清掃工場付近-目黒新橋-五反田駅-八ツ山橋-品川駅港南口付近
 2.練馬駅-野方-中野駅-新中野-中野富士見町-笹塚-東北沢-松濤-神泉町-代官山-恵比寿駅-白金高輪駅-泉岳寺駅-品川駅港南口付近


より大きな地図で 練馬駅前-品川駅港南口(自転車移動) を表示

余計な情報も含まれていますが、そのアタリはご勘弁くださいませ。
もしかすると、通勤に限らず、誰かの自転車移動の参考になるかも知れません(^_^)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。